ラスターフロア

ラスターフロアとは

床研磨機と特殊ダイヤの組み合わせにより、新設のコンクリート床を使用前からリーズナブルな価格で光沢仕上げとします。光沢は、研磨の回数等により段階があります。

イベントホール・コンベンションセンター・物流センター・スーパーセンターなどの床に採用されています。

ラスターフロア工法の一つとしてシールハードWダイヤモンド工法があります

シールハードWダイヤモンド工法は、シールハードのW(2回)工法に特殊ダイヤモンド研磨を施すもので、ダイヤモンド研磨は必要に応じて1回~5回程度行います。

【打設直後】 1.主材塗布(シールハード)
【引き渡し前】 2.研磨施行HTC(表面研磨) 3.表面清掃(スクラブマシン) 4.主材塗布
【施行後】

シールハード施行、ラスターフロア、HTCスーパーフロアの違い

  シールハード施工 ラスターフロア
光沢
耐久性 ○ ◎ ○ ◎
施工コスト
新設/既設 新設・既設 新設・既設
床研磨作業 状態により行う
ダイヤモンド研磨 なし 1~5工程
シールハード散布 1~2回 1~2回
主な施工場所 物流センター/倉庫/工場/駐車場 物流センター/倉庫/イベントホール/店舗
総合評価 防汚・防塵効果によるメンテナンス費用の削減を期待される方に最適。
ダイヤモンド研磨を行わないため、施工後すぐには光沢が出ないが、その分施工コストも抑えられる。
新設のコンクリート床をリーズナブルに光沢仕上げしたい方に最適。
光沢の度合いはダイヤモンド研磨の工程で調整が可能です。

関連する施工事例

他の施工事例を見る

サービス紹介

お気軽にお問合せください。TEL.088-840-2091 メールでのお問い合わせ 全国拠点一覧